連絡先を聞かれたときのうまいかわし方とは?

連絡先を教えてほしいといってくる男性客のパターン

チャットレディを長年稼働していると、男性ユーザーから、チャットレディサイト経由ではなく、直アドを聞いてきたりします。

携帯のキャリアメールアドレスを教えてほしいとか、ラインのIDを教えてほしいとか、直接の連絡先を聞いてきます。

この記事では、チャットレディによくある、出会い目的のユーザーの対処法や断り方や返信してはいけないメール分などを紹介しているので、是非参考にして、あなたのこれからのチャットライフに役立ててください。

出会い系アプリと間違えて使っている人

チャットサイトには、チャットレディとの会話を楽しむことよりも、リアルな出会いを求めている男性ユーザー一定数います

出会い系のマッチングアプリでもないのに、女性と男性が出会えるサイトだと勘違いしてやっている人も中にはいるのです。

ライブチャットサイトだとみてすぐにわかるのにもかかわらず、出会いに目がくらんでいる性欲まみれの男性も多いのです。

なので、チャットにログインしてくるなり、ライン交換してくださいとか、メルアド教えてくださいとか聞いてくる男性が多いです。

ですが、これは男性ユーザーにライブチャットを紹介している一部のメディアも悪いのです。まるで、出会いの場であるかのような宣伝をしているから勘違いする人が増えてしまうのです。

そのウェブサイトというのはアフィリエイトサイトと呼ばれるものですが、チャットサイトを男女のマッチングアプリかのような紹介をして小遣い稼ぎをしているサイトが多く見受けられます。

なので、当然そういったウェブサイトを見た人は、ライブチャットサイトがあたかもマッチング出来るサイトのように見えてしまって、出会い目的となってしまうのです。

以上のようなことから、チャットやメールですぐ会いたいですとか、今すぐ会えませんか、などといきなり聞いてきたりするのです。

まあ、他にもいろいろな細かい要因があるかもしれませんが、こういったウェブサイトのせいで男女の出会いができると勘違いしてしまうお客さんもいるということです。

連絡先を聞いてくる男性

ここからは、私のエピソードを紹介していきたいと思います。

ライブチャットでチャトレとして稼働したことがある人は、何度も経験したことがあると思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

チャット開始して唐突に「付き合ってください!」

チャットがはじまるなり、すぐに彼女募集中です!なんていってくる人はかなり多いです。

こういった男性は、チャットレディも彼氏がほしいと思っているみたいで、どういう男性が希望ですか?などとも聞いてくるのです。

こういうメールやチャットをしてくる男性は、まともに相手をしているときりがないので、適当にかわしましょう。

ライン交換してくださいとどしょっぱつから聞いてくる人

ライブチャットを出会いの場だと勘違いしている男性客の中で一番送ってきがちなメールはライン交換してくださいメールです。

ライブチャットサイトには、唐突にチャットレディに、ラインIDを添付したメールを送りつけてくる男性もいます。

ライブチャットでチャットレディにラインなどの連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、ポイントをあまり消費したくないという傾向を持っているので、メールで聞いてくることがほとんどです。

1通目にいきなりお誘いのメールを送って、だめなら別の女性にメールを片っ端から送って、教えてくれない女性にはそこから音信不通になるというパターンが非常に多いので注意しましょう。

音信不通になろうが、なんだろうが、こちらとしては報酬が発生してくれるチャットをしてくれなければ意味がないので、放っておきましょう!

チャットレディをやっている女性とどうしても出会おうとするライブチャットのユーザーというのはあとをたちません。

私の場合はすぐにお断りしているのですが、すごい人になると、思わせぶりな態度をみせて、何十回もメールのやりとりをしてしまう猛者もいるといいます。

ムスコ自慢をしてくる客

あそこの大きさこそが女性を惚れさせることができると本気で思っている男性も世の中にはいて、しかもたくさんいます。

「この巨根を見てください!」といって、屹立したあそこの画像を送りつけてくるのですが、女性からしたらどん引きですよね。

自分のペニス画像を見てもらえさえすれば、セックスしたくなるんじゃないか?と思っている男性が世の中にはいるのです。

いきなり男性器を見せつけられても、ただただどん引きするしかありませんが、チャットレディとして稼ぐには、こういった変態な客にもうまく対処して、チャット時間を延ばしたりしてずるがしこく稼いでいきましょう♪

なぜか会えると思っている男性

チャットレディをやっていると、ペニス画像を送りつけてきたりする男性もいたかと思えば、だんだん合える方向に持って行く男性もいるのが困ったものです。

こういう会いたがっている男性も、うまいこと転がしていって、報酬をのばしていけるのが、チャットレディとしてあるべき姿だと思いますが、中には、こういうあざといテクニックをしたがらない女性がいるでしょう。

とにかくなにがなんでも女性と会って、セックスしたがる下心がすごい男性もうまいこと転がしていけば、お金を稼げますが、自分を好いてくれて会話をしたいと思ってくれる人だけとチャットをしていても稼げるので、断るなら断ってもいいと思います。

下心しかない男性

ポイントがないにもかかわらず、メールを頻繁に送ってきて、エッチな自撮りをした動画をアップしてくれという男性もいます。

たとえば、そういう要求をしてくる男性に、自撮りのアダルト動画を送ったとしても、満足して、テレビ電話を次からやってくれるかと思いきや、もっと要求してくるようになるので、最初から相手にしない方がいいと思います。

チャットレディをやっている女性は慈善行為でやっているわけではありませねんから、対価をもらって当然なのです。

いきなりエッチしてくださいといってくる

チャットサイトで、出会いを目的に使っている男性というのは、チャットをするとお金がかかることをしっているので、メールでなるべくことを済まそうとします。

なぜマッチングサイトでもないライブチャットで出会おうとしているのかそもそもがわかりませんが、チャットレディを出会い系サイトだと勘違いしているので、話がかみ合いません。

大手のマッチングサイトなどはごまんとあるのに、なぜ使わないのかというと、ライブチャットが女性との親交を深めて出会えると思っているからに他なりません。

チャットレディがやると危険な行為とは?

ここからは、ライブチャットサイトにおいてチャットレディが、男性客に対してやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

以外と気軽にやっている女性もいるみたいですが、危険な行為なのでやめてください。

会ってしまわないように

男性ユーザーとリアル世界であったことがあるチャットレディのエピソードをたまに目にしますが、正直危ないと思います。

実際にあってしまったらどういう素性の男性かわからないですし、チャットレディの何よりのメリットは物理的な接触を避けて安全に男性と交流してお金を稼げるところの最大のメリットがなくなってしまいます。

ライブチャットをしていると、いろいろな日常会話などや趣味の話などが弾んで、とても仲良くなってしまいやすいですが、実際に会うのはやめておいたほうがいいでしょう。

ライン交換などはしてはいけない

直接連絡先を交換してもライブチャットサイトを介さないと報酬にもなりませんからチャットレディとしてのメリットは一つもありませんので、連絡先は交換しないことに越したことはありません。

男性客に連絡先をしつこく聞かれた場合は、ライブチャットの規約にあるから、そういった行為はできないことを伝えて、わかってもらいましょう。

むやみに引き延ばさない

直アドやライン交換などをするのもだめですが、こうやって会えるのを前提にした装いというのもやめておいたほうがいいでしょう。

こういう思わせぶりな態度で、チャット報酬を稼ぐテクニックを使っている女性は多いですが、こういう狡猾なのは精神的にもよくないでしょう。

最近では、コロナの真っ最中なので、自粛ムードが漂っていて、うかつに会うことができないことをいいことに、会いたいけどコロナだから会えないといって、うまいこと引き延ばしているチャットレデイもたくさん見受けられます。

ですが、こういった男性心理をつかったテクニックというのは、もとから会う気なんて毛頭ない訳なので、人間として心理的にどうかと思います。

男性も一人の人間ですし、そのチャットレディに恋心を抱いているかもしれません。そういう心を遊ぶというのはよくない行為といえるでしょう。

直アドなどを聞いてくるお客さんへの対処法

直接のアドレスをしつこくきいてくる男性客に対しては、どうやって回避するのがおすすめなのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

以下には、私がチャットレディをしていて連絡先を聞いてくる男性客に対して使っている回避策です。

常駐スタッフに怒られるといういいわけ

ライブチャットで男性の相手をして稼いでいる女性に、連絡先を聞いて会おうなんていう虫のいい男性には、嘘でもいいのでいいわけをつくっておけば当たり障りなくその場を納めることができます。

男性はポイントを使いたくないケチな人が多いので、アタックしたメールで一度撃沈すると次からは送ってこなくなるパターンが多いので、まずは断っておくことが大切です。

規約違反だから教えられないと言う

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

チャットサイトや代理店などの第三者のせいにする

以上のテクニックというのは、誰かに言われて断っているかのようなテイを出すことができます。

チャットレディ自身が断っているわけじゃなく、第三者のチャットサイトや代理店のせいにすることによって、男性客からの恨みを避けることにもつながります。

リピーターさんでも直アドは交換しないのが鉄則!

チャットレディに直接の連絡先を聞いてくる男性はライブチャットサイトにはたくさんいますが、決して教えてはいけません。

チャットレディの女性側も、初めてチャットする相手には教えないけど、リピートしてくれる仲良くなった男性ユーザーには気を許して教えてしまう人もいると思います。

ですが、チャットサイト以外の場所で男性客といくらやりとりをしてもお金が発生することはないので、正直言ってもったいないです!

現役でライブチャットサイトのチャットレディをやっている女性が、実際に男性ユーザーと連絡先を交換してリアル世界であったことがあるというブログなどがありますが、たまたまその人がいい男性客にあたっただけであって、悪い意思を持って近づいてくる人もいないとも限りません。

チャットレディに会いたがる男性というのは、もともとアダルト色が強いわけですから、どんな意図を抱いているかわかりません。

アドレス交換した後、実際に会う約束をして会ったとして、個人情報などをしられると、後をつけられたりしてストーカーになってしまう可能性もなくはないですよね。

チャットレディのお仕事というのはそもそも、そういう危険性がないという特徴が最大のメリットなのにもかかわらず、自分から自分の情報を公開してしまうことになるのです。

また他にも、ひとりのそういう節操のない女性が簡単に男性ユーザーとリアルにあったりしてしまうと、まじめに働いている他のチャットレディの人にも迷惑がかかります。

一人のチャットレディの軽率な直接アドレス交換という行為により、他の女性もやってくれるものだと思ってしまう男性ユーザーが増えてしまうからです。

会ったり、連絡先を教えてくれるのが当然だと思い込んだお客さんが増えることにより、チャットレディ全体として仕事がやりにくくなるということでs。

チャットレディをやる女性は、楽に安全に稼げる環境が整っているわけですから、この好環境を利用して思う存分稼いでいきましょう♪

連絡先を教えてと何度も聞いてくるときはブロック

連絡先を何度もしつこく聞いてくる男性はブロック機能を使いましょう!

ライブチャットで、何時間もチャットしてくれたり、メールを何十通もしてくれる人ならまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろなんていってくるひとは、即ブロックしてもかまわないと思います!

チャットレディの女性が男性客にラインIDなどを教えてしまうと、しめしめと思った男性客は、チャットでポイントを使わないでいいわけですから、ただであなたとやりとりをしようとするのは当然の理にかなったことです。

チャトレの女性の連絡先を手に入れた男性にはメリットしかありませんが、教えてしまった女性からしたら、チャットサイト外で連絡を取り合っても意味がありません。

ライブチャットを経由しないで、いくら男性客とやりとりを重ねたとしても、誰かが報酬を支払ってくれるわけではないので、時間の無駄になってしまいます。

チャットレディである女性が、男性と直接的なやりとりができるスマホアドレスやラインを交換してやりとりをするということは、その時間分の時給をみずから捨てているのと変わらない行為です。

チャットサイトで連絡先を聞いてくる不届きな不躾な男をブロックすることにためらいをもってはいけません。男性客はたくさんいるので、他にもいくらでも時間を割いて相手をしなくてはいけないひとはたくさんいます。

チャットレディと出会えると勘違いしているようないやなお客さんはブロックして、ちゃんとお金になるような相手とチャットをするべきなのです!それこそが稼ぎのアップにつながります!

↑ PAGE TOP